車社会の未来形!コネクテッドカーをカーリースで先取り!

コネクテッドカーという言葉を耳にする機会も多くなってきました。

コネクテッドカーとは何なのか?

そのメリットを考えると、自分の子供が大きくなって免許を取り、車の運転をする頃には、コネクテッドカーという車が当たり前になってるのかな?

と感じます。運転方法も大きく変化し、免許制度なども変わっていくのでしょう。

コネクテッドカーとは?そして、そんな未来の車のコネクテッドカーをカーリースで一足早く、お得に乗る方法をなどをわかりやすくご紹介します。

これから先、間違いなくやってくる、これからの車の形です。

コネクテッドカーとは?

コネクティッドカーとは、簡単に説明するとインターネットに繋がる車の事。

今や家電をはじめ、ホームセキュリティなど家の見守り、様々な事がスマホで一元管理できるのが当たり前になっています。

車もそれに追随して、スマホで色々な情報を管理したり、スマホの画面で目で見てわかりやすく車の事を知る事ができるようになります。

車検や点検のスケジュールをスマホでお知らせしてくれる他、車の故障など、トラブルの前兆を察知し、オーナーの他にも販売店にもデータを送る事ができるので、修理や整備の必要性なども事前に検知。

故障による事故も未然に防ぐ事ができます。

ドライバーの安全にもつながり、安全な未来のための車ですね。

もう1つの特徴的な機能は、万が一の事故の時にも、車の状態やエアバッグの作動などから事故を検知。

ドライバーが自分で救急の連絡をできない場合でも、車が自動で通報してくれる緊急通報システム。

すでにヨーロッパの新型車には義務付けられています。

そしてカーナビは最新の道路情報に常に更新され、渋滞情報などから最適なルートを案内してくれます。

インターネットに繋がることにより、面倒な事は全て車任せ。所有者は運転するだけです。

車が盗難にあってしまった時にも、その車がどこにあるのか追跡する事もできます。

どうですか?いかにも未来の車という感じですよね?

この運転も、車の自動運転技術とコネクティッドカーの通信が融合すれば、インターネットによる情報と車のセンサーにより、近い将来、ますます負担の少ないものになるでしょう。

コネクテッドカーのカーリース。

コネクティッドカーという言葉が注目を集めたのは、おそらくトヨタ自動車とソフトバンクの業務提携のニュースからではないでしょうか?

自動車メーカーと携帯電話会社の業務提携は、コネクティッドカーのこれからを考えると当然の事ですね。

トヨタが開発した独自のコネクティッドカー技術を搭載した初代コネクティッドカーの新型カローラは、販売目標の4倍のバカ売れ状態。

消費者の関心の高まりも、開発を後押しするでしょう。

アップルやグーグルも、コネクティッドカーに対応する機能を続々と開発しています。

アップルは「car play」グーグルは「Android auto」というアプリを既に発表。コネクティッドカーのインターネット通信を通じて自動運転できる車の開発を目指しています。

自動運転の車の登場が近付いていることを、みなさんも感じていると思いますが、完全な自動運転の実現には、車のセンサーだけでは無く、インターネットも必要不可欠。

そんな近い未来の車のコネクテッドカーに、月々定額で気軽に所有できるサービスも始まりました。

株式会社スマートドライブは、これまで独自のデバイスによる車両情報の収集・分析を行っていました。その技術を活かしたのが、

「スマートドライブカーズ(SmartDriveCars)」

というサービス。

スマートドライブカー

車は所有する時代ではない。

スマートドライブが提供するのは、コネクテッドカーのカーリース。

新車の購入、電気自動車(EV)やハイブリッドカーの購入を検討してる方にも手軽な価格でコネクテッドカーをマイカーのように乗る事ができるサービスです。

コネクテッドカーと連動するのが、政府も実現を目指しているスマートモビリティ社会。

渋滞の無い社会など、車社会の効率化とエコな車社会を目指すもの。

画像引用元:https://e-nenpi.com/article/detail/210302

ヨーロッパをモデルとした、超小形自動車の実用実験も、横浜などですでに行われ、スマートモビリティ社会では、もはや車は自分で所有するものでは無くなることが垣間見えます。

カーシェアリングの発展による土地の有効活用もこれに当たりますし、同時に渋滞を無くすコネクテッドカーによる自動運転も、スマートモビリティの実現には欠かせない要素です。

もちろん、自分で車を持つ事が無くなる事は無いでしょうが、自分で車を所有したい人と、無駄の無い購入方法との両方を実現するのがカーリースですので、スマートドライブカーズもカーシェアリング同様に、今後はますます注目が集まるでしょう。


↓間違いない、近未来の車のカーリース。
スマートドライブカー

*スマートドライブカーズの料金。

スマートドライブカーズは、新車の購入、電気自動車やハイブリッドカー、そしてコネクテッドカーへの買い替えや購入をお考えの方にとって、とても利用しやすいカーリースです。

例えば、日産のNOTE e-POWERなら月々の利用料金は40,500円〜の定額制。

毎月の利用料金には、新車購入時にかかる手数料や車検などの車のメンテナンス費用、自賠責保険、税金。

それにカーナビなどやETC装置などの純正オプションも含まれ、新車購入時の手間無く、お手頃な料金で、オーナーとして乗り始める事ができます。

簡単に乗れる未来の車のコネクティッドカー、申し込みは車種と色を選ぶだけでこちらもスマート。

コネクティッドカーをリースできるサービスのスマートドライブカーズは、ネットからすぐに、簡単にお申し込みいただけます。

*webから簡単申し込みのコネクティッドカーのカーリース。
スマートドライブカー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加