直接受験について。

↓府中試験場(通称免許センター)入り口
 

目指すは一発試験の一発合格!

まずは府中試験場での直接受験の手順について。

一発試験!といいますが、実際には試験場には最低5回行かなければなりません。

それ意外にどこかの教習所で取得時講習、取り消し処分を受けている人は、取り消し処分者講習を続けて2日受けている事が必要となります。

  1. 仮免許の学科試験
  2. 仮免許の技能試験
  3. 本免許の学科試験
  4. 本免許の技能試験
  5. (試験場かどこかの教習所で取得時講習を受けてか らふたたび試験場にて)
  6. 免許証の交付

となります。
どこかのタイミングで取り消し処分者講習を続けて2日。試験場か講習をやってる教習場で受講。

この手順をクリアしなければ免許証を取得する事はできないのです。

しかもそれぞれに期限があり、期限が過ぎてしまえば最悪もう一度最初の手順からやり直し。

やはりしっかりとした決意を持たなければクリアは難しい〜っ!
(ここに一発試験の難しさがあります。)
もちろん試験場は平日しかやってないし…何回か試験場に試験を受けに行けば合格できるかな?という考えは少々あまかったようです。

一発試験の心得

どんな理由であれ取り消し処分なんかを受けた人は、過去の失敗を反省し、しっかり取り組む事が必要だということを肝に命じておいてくださいませ(*^_^*)
さて、そんな府中試験場での直接受験、通称一発試験での免許の取得への挑戦の始まりです。
まずは始めることが大切だとは思いますが、始めたからにはあとには引けない!
心を折らずに頑張ってみるぞ!
一発試験での取得方法→府中試験場 直接受験の手引き



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加