プリウスの操作

プリウスの操作方法

ここでちょっとプリウスの操作について。
府中試験場(免許センター)で技能試験を受ける方は、試験車両がプリウスの場合がありますのでご一読を。
C2CEC9F8-C474-455E-B768-51A298E8E831.jpg
*プリウスのシフトレバー

エレクトロシフトマチックとは?

エレクトロシフトマチック、名前からして電子的ですね。シフトチェンジ後、シフトレバーは自動的にホームポジションに戻ります。

僕たちが免許を取った20数年前、まだオートマ限定免許もありませんし、自動車の中型免許も無い時代でした。
免許を取る時はもちろんマニュアル車、クラッチ操作に苦労したものです。たまにコラムシフトなんてハンドルの横に長〜いシフトレバーの付いた車もありましたが、まさか”エレクトロシフトマチック”なんて物が登場し、試験車両がハイブリッドになるなんて想像もつきませんでしたね。

そんなアナログ人間にとってこの”エレクトロシフトマチック”を操作するには予備知識が必要となりますね。色んな法改正もあり、免許を取るにはより多くの知識が必要になってるように感じます。

それでは操作方法。


基本的にレバーは常にホームポジションにあります。走る時は”D”に一度動かすと、レバーはホームポジションに戻りますが、ギアはドライブに入ってます。
現在のポジションの確認はモニターで
132619DE-6C3D-4969-904B-18CF07F7C363.jpg
他のポジションも同様に、”R”がバック、”N”がニュートラル、”B”がエンジンブレーキをきかせたい時、バックじゃないですよ〜。いずれも一度その方向に操作した後、ホームポジションに戻ります。
基本的に走行中は、一度”D”に入れたら入れっぱなしですけどね。
そしてパーキングポジションに入れる時はシフトの右上のボタンを押します。解除はもう一度。シフト操作で自動解除になりませんのでご注意を。

パーキングブレーキはハンドブレーキではなく、フットブレーキ。左足で踏み込んでかけまして、もう一度踏んで解除。

最後になりましたが、エンジンの始動はキーも無いのでPowerと書いたボタンを押して、始動というよりは電源を入れます。走行終了の際は、再び電源ボタンを押してPowerオフにします。

いかがでしょう?簡単ですが慣れてないと、また他の車に慣れていると戸惑うと思いますのでイメージしておきましょうね〜



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加