府中試験場での仮免技能試験。

ドキドキの仮免技能試験

さて、いよいよ府中試験場での仮免技能試験、本番です。
先日の上北沢自動車学校での練習が無ければ、7年前に免許取り消しになってから”本当に”初めての運転になりますが、お陰さまでそこまでの不安はありません。

技能試験の受け付けは、以前ピーポ君の予約カードで予約した時間に、直接3階の技能試験室に行って待ちます。

時間になると受験票と健康保険証などの身分証明書を出し、おそらく採点表?になりそうな紙を渡され、そこに記入してある順番に座り直します。

仮免技能試験の車両は2台あるようで、どちらの車両の何番めといった感じの指示。この2台は走行コースも違います。

受験者2人と試験官1人

むむ、僕は2番目。1台の車に2人、試験を受ける人と次に試験を受ける人が乗るので最初から車に乗る事になってしまいました…それ以外の人はコース脇で見学。
この順番が予約した順番なのかどうかはわかりませんが、乗る前に少し見学してから乗りたかった〜

という訳で落ち着くヒマも無く後部座席に乗車、1番目よりかはいいですが緊張です。
1番目の人もかなり緊張している様子ですが、しっかりと参考にさせていただくべく、目をみはります!

ふむふむ、左回りの外周から始まって、広いですね〜、府中試験場。

こんなに広い教習所はきっと無いでしょう。かなりの安全運転、技術は大丈夫そうですが安全運転過ぎるような…ゆっくりゆっくりと課題を走行していき、最後まで行ったのでしょうか?わかりませんがスタート地点に戻って車を降り、助手席の試験官側に回ります。

その間に僕は運転席に、スタートの準備をしつつ様子を伺うと、どうやら不合格のようでした…あちゃ〜っ、スムーズじゃなかったからでしょうかね?

減点されたポイントがどこだかは試験官にしかわかりませんし、僕にもさっぱりわかりません。ともかくこの人は不合格。

仮免技能試験。甘くなさそうですね〜、自分はスムーズな運転をせねば!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加