夏休みのお出かけに便利タイムズカープラス

8894D049-B8C3-4C89-820F-0C8EEA9E229B.jpg
夏休みですね。今年も東京の夏は酷暑になりそうな予感です…

海水浴、山、プールにと、お出かけの機会も増えるのではないでしょうか?免許は持ってるのに車が無い!そんな方にタイムズカーシェアリングの使い方をご紹介します。
入会方法は公式ページをご利用くださいね。

タイムズの公式ページ



あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

8月31日までお試しキャンペーン中です。
月額基本料金(1030円)が2カ月無料やカード発行手数料(1550円)が無料などのお得なキャンペーンです。
2カ月の間は利用しなければお金がかからないキャンペーンですので、この機会の入会がおすすめです。

では利用方法を。

予約する

入会が済みましたら、スマホや携帯、パソコンから車を予約します。
車を借りたい場所と時間を入力して検索、空いている車の中からご希望の車種を選んで予約です。
この時に、スマホの方ならアプリを入れておくのがとても便利!
現在地の近くのタイムズステーションを表示してくれますし、ご希望の時間に空いてる車があるかどうかも地図上に表示してくれます。

選んで”予約する”をタップすれば、場所、時間、車種が選択済みの予約画面に飛んでくれますので、あとは予約を確定するだけ。

最近は利用者もどんどん増えてますので、土日やお盆の時期は早めに予約しないと利用できないかも。
(先日も日曜日の予約を土曜日の夜に取ろうと思いましたら、近くは空車無し!少し離れたステーションにかろうじてありました…)

借りる

予約ができたら予約の時間にステーションに行きます。タイムズの会員カードを、車の後ろか後部座席の窓にあるカードリーダーにかざすとドアが解錠!

2F79A6F2-9D6E-46E8-B052-7F19A1B1B53D.jpg
(10分前から解錠できますので、10分前から利用もできますよ。)

ダッシュボードのキーを取り出せば、準備はオッケーですね。
ちなみにカーナビの目的地の設定は、予約の時からスマホやパソコンで事前に登録しておけますので、本当に楽チンに出発できますよ。
通常のレンタカーだとここで免許証の提示や書類を書いたりで15〜20分ほどかかりますが、タイムズのカーシェアリングならほぼゼロです。

返却する

安全運転でご利用の後は、借りたステーションに返却します。カーナビのメニューの返却から、一発で帰り道の設定もできます。

FCBDBFA1-98D4-41DB-92CC-DA03CA27ADD3.jpg
元のスペースに駐車して、車内が汚れてる場合はトランクのお掃除セットで車内をお掃除。
キーを戻し、忘れ物の無いように降りたら、カードリーダーに会員カードをピッとかざして返却終了です。
すぐに返却確認メールが届きますので、メールを確認しましょう。

*ご利用の注意点

タイムズのカーシェアリングをご利用の際の注意点を。
まずは土日祝日は混雑して予約が困難な場合があります。予約は早めにしておきましょう。
直前まで予約の変更もできますし、予約の取消にも料金はかかりませんので余裕をもって予約しておきましょう。ただし、あまりにも長く、予約をとるだけとるのはやめましょうね。
他の方が借りられなくなってしまいますから。

そして予約、返却の時に届くメールは必ず確認を。
特に返却の最後の手順のカードリーダーに会員カードをかざすのを忘れてしまっては大変です。無断延長になってしまいます。

無断延長は通常料金の倍、15分412円かかりますので。
メールを確認しておけばそういう事は無いですね。

他に僕が利用して迷った点は、ガソリンの給油カードとゲート式のステーションの駐車カードを混同したり、スタンド看板が無いステーションがあった事ぐらいですね。

慣れてしまえば非常に簡単、気軽に利用できます。

お得な利用料金

タイムズのカーシェアリングの利用料金は使った分だけ。
例えば2時間30分の予約をして、2時間15分で返却した場合の利用料金は2時間15分の分しかかかりません。
(料金の発生は予約時間からです。)
普通のレンタカーと比較して、手間も料金もお得なタイムズのカーシェアリングで、夏休みのレジャーは決まりですね!

あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

*ここで一つ、タイムズの裏技的なお得な利用方法を。
6時間以上借りたいけど12時間は使わないな〜という場合、9時間〜10時間ぐらいまでは6時間パックを延長した方が料金が安くなるんです!
しかも6時間パックならガソリン代にあたる距離料金がかかりません。
いかがでしょう?計算して料金を比較してみて下さいね。

関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加