府中試験場の仮免コース図を公開!1発合格で免許を取ろう!

府中試験場のコース図です。

ちょっと見づらいですが参考までに。

970006F8-FDF4-4840-AEBE-97AEC866D8A8.jpg

府中試験場のコースは普通の自動車学校と比べてかなり広いです。
でも課題を次々と指示されながらの走行では広さを感じません。

走行するコースはA〜Dの4つのコースがあり、どのコースになるのかは技能試験当日、自分が乗る車両の振り分けが済むまでわかりません。

ですが試験中には、試験官の
「3番を右折。」
「16番を左折。」
といった指示がありますので、それに従って走行。
仮免試験の走行コースを覚える必要はありません。
(コース内には交差点や課題の所に看板が出ています。)

府中試験場のコースの様子

看板は以外と小さく、看板の手前に入るのか?奥に入るのか?と、迷う時があります。
看板は右の場合は手前、左の場合は奥にありますので、右の場合は看板の奥に、左の場合は看板の手前の道に入るようにしましょう。

踏み切りは時々ちゃんと鳴るようになってます。

油断してるといきなり鳴るのでビックリしますよ。耳と目でしっかり確認して走行して下さい。

当然ですが、鳴っているのに渡ってしまうのは減点のポイントです。

試験官の指示でS字、クランク、坂道発進と、課題が次々とやってきますが、逆を返せば課題さえ出来てしまえばあとは普通の運転です。
(縦列駐車か方向転換は本免技能試験の路上試験の時にあります。)
慌てず、落ち着いて走行すればきっと大丈夫ですよ。

府中試験場の仮免技能試験で走行するコース図はこちらのサイトに載せてあります。

2つの走行コースがありますので、府中試験場での一発試験を受験する方は参考に見ておいてください。

仮免技能試験についての記事はこちら↓

バイクの一発免許編!始めました↓
バイクの技能試験の走行コースはこちら。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加