カーシェア検証!タイムズとカレコ料金比較

利用者急上昇で人気のカーシェア!

利用者が急上昇中の各社のカーシェアリングシステム。
中でも圧倒的なシェアを占めるタイムズカープラスとカレコの利用料金など、お得で使いやすいのはどちらかを比較、どちらに会員登録するべきかを比較してみたいと思います。

  • 入会金
タイムズ   無料(会員カード発行に1550円)
カレコ       1500円

現在、どちらも入会金、会員カード発行手数料が無料になるキャンペーンを実施中です。
カレコの方が、色々とキャンペーンを随時やっていますね。お得に入会することができるかもしれません。

  • 月額基本料金
タイムズ   1030円(学生は無料)
カレコ       980円

*カレコには平日と土日祝日とで利用料金が変わる平日プランと、いつでも利用料金が変わらないベーシックプランがありますが、月額基本料金はどちらも980円です。


この月額基本料金は、タイムズもカレコも無料利用分として利用料金に割り当てられますので、月額基本料金よりも毎月の利用があれば”実質無料”ですね。

  • 時間での利用料金

タイムズ
ベーシック:15分206円
プレミアム:15分412円
カレコ
コンパクトカー:10分130円(80円)
ミドルカー:10分150円(100円)

(かっこ内は平日プランの平日料金)

  • パック料金

タイムズ

6時間:4020円

12時間:6690円
24時間:8230円

カレコのコンパクトカー

(カッコ内は平日プランの平日料金。)
6時間:3800円(2800円)
12時間:5300円(4500円)
24時間:6800円(7800円)
カレコのミドルカー
12時間:6800円(5000円)
24時間:7300円(9800円)
*平日パックの休日料金は公式ページでご確認ください。
10分130円のカーシェアはカレコ

  • 12時間パック以上の1Kmあたりの距離料金

(どちらも6時間パックまでは距離料金はかかりません。)

タイムズ
1Km16円
カレコ
コンパクトカー:1Km15円
ミドルカー:1Km17円

比較してみますと、カレコの利用システムの方がプランも多様なのでライフスタイルに合わせてお得に利用できそうですし、少し安い料金設定になってます。

タイムズはわかりやすいシンプルな料金体系です。48時間パックが13000円というキャンペーンも頻繁にやっていますので、一泊旅行の時にちょうど良くて利用しやすいです。

ガソリン代がかからないので普通のレンタカーと比較しても変わらない料金ですし、家の近所から、窓口での面倒な手続きなしで、24時間入出庫ができるのも魅力。

そして何と言ってもタイムズの強みはステーションの数と車両の台数の圧倒的な多さ!

カレコのステーション数650に対して、なんと6,000箇所にステーションがあります!

やはり料金体系もシンプルで借りたい時に借りられるタイムズの方が、カーシェアリングでは一枚も二枚も上手ではないでしょうか?

タイムズカープラスを選ぶ理由

僕は現在はタイムズカープラスのカーシェアリングに登録して、カーシェアを利用しています。
その理由は練馬区の家の近くに利用できる車が多数あるから。
(徒歩圏内、自転車で10分圏内を合わせて13台)

利用したい時に車が無かった事は1度もありません。

カレコの方はといいますと、練馬区の近所には1台しかありません…
ですが、三井のリパークは現在、急激にコインパーキングを増やしています。
最近できた近所の三井のリパークにも、おそらく近いうちにカーシェア用の車が置かれると思います。

カーシェアリング市場のシェア大幅拡大を狙っているのでしょう。

今後、車の台数が増えて利用がしやすくなったら平日利用の多い僕の場合はカレコへの乗り換えた方が安くて便利に利用できるかもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加